マタニティ

マタニティ治療

エストロゲンなどの女性ホルモンは、歯周病の病原菌の大好物です。
他にも、間食や女性ホルモンの分泌の変化も大きな原因のひとつです。

妊婦中に歯肉炎や歯周病が進行する妊婦さんが多いです。


出産後の授乳などをしながらの通院は困難であるため、妊婦さん特有の歯周病治療をしており、出産後もしばらく歯医者に行く必要がなくなります。

安定期の間にしっかりと口腔内の状態を高めてからご出産し、元気な赤ちゃんを産んで下さい。

お子様の虫歯予防は、母親のお口の健康から


皆さんは、虫歯が母子感染する事をご存知でしたか?


歯周病のひどい妊産婦さんの場合は、健康な妊産婦さんと比較して、早産や軽体重児出産のリスクが7.5倍にも跳ね上がるというデータもあり、妊娠中の適切なお口のケアは、健康な赤ちゃんのご出産とその後のお子様の虫歯予防に繋がります。