小児歯科

子どもたちにとって、歯医者さんはこわくてとっても嫌いな場所です。そんな知らないこわい場所で、知らない音に囲まれるのですから、泣いてさわいで当たり前ですよね。

当院は、小児歯科専門病院で長年にわたり勉強してきた院長が、今でも現役の専門医にご指導を受けておりますので、適切な治療はもちろんのこと、お子様が大きな口をあけて、自らすすんでハミガキをするように育ちます!


お子様の負担を減らすため、1回目から治療を行い、できるだけ少ない回数で治療が終われるように努めています。

大人になってから“ちゃんと歯医者さんに行ってれば良かった”と思うことのないよう、できるだけ痛みのない治療に努め、歯の大切さを子供目線でお伝えできるよう心がけています。

むし歯治療について(レーザー治療可)

乳歯のむし歯は永久歯にいろんな影響を与えることはみなさんご存知ですよね。
最近の子どもたちは歯の出る時期や順番に様々なパターンが見られます。ですから、単にむし歯の治療をするのではなく、年齢を考慮したその子、その子に合った治療が必要です。
当院では、むし歯の大きさや深さにもよりますが、通常の高速回転する器具で削る治療ではなくレーザーにて振動や音から開放された治療を受けることができます。

予防処置について(レーザー治療可)

初期のむし歯はシーラントという処置(プラスチックで歯の溝を埋めてしまいます。)で対処します。
溝以外(つるっとした歯面)にも適応できるタイプもあります。
従来、この処置には酸で一度歯面を処理(表面を溶かす)する必要がありましたが、当院では歯面の処理をレーザーで行うため、健康な歯面を溶かす心配がありません。

フッ素について

当院ではこども達が嫌がらないよう、フルーツ味のフッ素を用意しています。
しかもムースタイプなのでまるでお菓子みたいですよ。
また、歯の表面を強化するフッ素とはことなり、歯の表面を補修するミネラル成分をすりこむ歯のパックも行っております。