インプラント

インプラント治療とは
失った歯をもとに戻すことができる治療。
虫歯、歯周病、事故など様々な要因により歯を失った場合、そのままの状態で放置しておくと、他の歯(両隣や上下の歯)の歯列を乱してしまい、いわゆる ”ガタガタ” の状態になってしまいます。

そこで、もとの噛める状態に戻す方法として、従来の治療法としては「ブリッジ」や「義歯(入れ歯)」などがありますが、「ブリッジでは隣り合った歯を削らないといけない」という欠点があり、「義歯(入れ歯)」だと物がつまりやすくなったり取り外しの手間や見た目の問題など様々な欠点があります。

しかし、インプラント治療とは直接、歯茎の骨に人工の歯根を埋め込みますので取り外しの手間もなく、以前のままのような状態に戻るわけです。

歯がない状態

歯がない状態

インプラント治療後

インプラント治療後

インプラント治療後の定期検診について
インプラントは打ち込みが重要なのではなく、インプラントを打った後の噛み合わせが重要です。インプラントには神経が通っていないので、何か異常が合っても自覚症状があらわれにくく、気づいたときには既に手遅れになってしまうことがあります。インプラントに負担がかからないよう定期検診でかみ合わせの修正や歯周病の予防や治療を行います。

衛生士が日々のメンテナンスの指導を行いますので、インプラントがより長くお使いいただけます。